英検ネットドリルのちょっとした有効活用

英検は6月、10月、翌年2月の年間に計3回実施されます。  

人気の旺文社「英検ネットドリル」は、インターネットを使った本格的なイーラーニングシステムで購入すると1年間利用できます。

英検ネットドリルは、優秀な教材なので、開発販売元の「ショウイン」によると、ほとんどの方が1回で合格するそうです。

さきほど、英検ネットドリルは1年間利用できると説明しました。ということは、一回で合格した人は、3か月間だけ英検ネットドリルを使って効率的に学習したということが言えます。

ということは、

開発販売元の「ショウイン」さんの手前、あまり大きな声では言えませんが、自分が使ったあと、友人や知人に譲るということも可能なわけです。もちろん、発行されたIDや名前はそのままですが・・

紙の教材でも、自分が使った後に人に譲ることはできますが、紙教材ではいろいろ書き込まれていたりして、あまり気持ちのいいものではありませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ